FANDOM


大内義隆
200px
大内義隆像(龍福寺蔵)
時代 戦国時代
生誕 永正4年11月15日1507年12月18日
死没 天文20年9月1日1551年9月30日
改名 亀童丸(幼名)→義隆
別名 受領名:周防介
尊称:大内介
戒名 竜福寺殿瑞雲珠天大居士
墓所 大寧寺山口県長門市
官位 従二位 兵部卿大宰大弐侍従
幕府 室町幕府 周防長門石見豊前筑前守護
氏族 大内氏
父母 父:大内義興、母:内藤弘矩
正室:貞子万里小路秀房女)、小槻氏
義尊問田亀鶴丸
養子:晴持義長尾崎局毛利隆元室)
  

大内 義隆(おおうち よしたか)は、周防守護大名戦国大名周防国在庁官人大内氏の第31代当主。父は大内義興、母は正室内藤弘矩の女。

生涯 Edit

家督相続 Edit

永正4年(1507年)11月15日、周防長門の太守で、大内氏の第30代当主である大内義興の嫡子として大内氏館で生まれる。母は長門守護代の内藤弘矩の娘である。

元服後の大永2年(1522年)から父に従い、大永4年(1524年)には安芸に出陣する。岩国永興寺から厳島へ入り、陶興房とともに安芸武田氏佐東銀山城を攻めた。しかし8月には尼子方として救援に赴いた毛利元就に敗退する。また山陰の尼子氏とも干戈を交えた。

享禄元年(1528年)に父が死去したため、家督を相続する。

勢力拡大 Edit

享禄3年(1530年)からは九州に出兵し、北九州の覇権を賭けて、豊後大友氏筑前少弐氏と対立する。そして家臣の杉興連陶興房らに軍を預けて少弐氏を攻めさせた。そして肥前松浦氏を従属させ、さらに北九州沿岸を平定して大陸貿易の利権を掌握した。しかし、杉興連に命じて行なわせた少弐氏攻めでは、少弐氏の重臣・龍造寺家兼の反攻にあって大敗を喫し、失敗に終わった(田手畷の戦い)。

天文元年(1532年)、大友氏が少弐氏と結んで侵攻してくると、長府に在陣し、義隆は名分を得るために大宰大弐の官職を得ようと朝廷に働きかけるが失敗した。

天文3年(1534年)、龍造寺家兼と密かに結んで少弐氏から離反させ、少弐氏の弱体化を図った。興房に命じて大友氏の本拠である豊後を攻略しようとするが失敗(勢場ヶ原の戦い)する。この年には後奈良天皇の即位に合わせて2千貫を朝廷に寄進して、翌年に大宰大弐の叙任を申請する。天皇は一旦許可したものの、金銭で官職を買う義隆の姿勢に釈然としないものがあったらしく1日で取り消されている。

天文5年(1536年)、漸く大宰大弐に任命され、大義名分を得た義隆は9月には少弐資元を肥前多久城に討って龍造寺氏とともに少弐氏を滅亡に追い込み、北九州平定をほぼ完成させた。このとき、龍造寺氏の本家の当主・龍造寺胤栄を肥前守護代に任じている。

天文6年(1537年)、将軍・足利義晴から幕政に加わるように要請を受け、京都への上洛を試みるが、山陰を統一して南下の動きを示していた尼子氏に阻まれ、さらに領国経営に専念するために中止した。このころ、父の代からの補佐役であった陶興房が病没している。また、宿敵であった大友義鑑とも和睦している。

天文9年(1540年)には、尼子経久の孫尼子詮久が安芸へ侵攻し、大内氏の従属下にあった毛利元就の居城である吉田郡山城を舞台に戦った(吉田郡山城の戦い)。義隆は陶隆房(興房の子、後の晴賢)を総大将とした援軍を送り、尼子軍を撃破する。以降は尼子氏に対して攻勢に出ることになり、天文10年(1541年)には、尼子方の国人である安芸武田氏・友田氏を滅ぼして安芸を完全に勢力下に置いた。

文治体制 Edit

天文11年(1542年)、出雲に遠征して月山富田城を攻囲するも、配下の国人衆の寝返りにあって尼子晴久に大敗した(月山富田城の戦い)。しかも、この敗戦により養嗣子の大内晴持を失ったため、政治的関心を失い、もともと関心の強かった文人的傾向が強まり、文治派の相良武任らを重用した。

このため、武断派の陶隆房や内藤興盛らと対立するようになる。また、天文16年(1547年)、天竜寺の策源周良を大使に任じ、最後の遣明船を派遣している。さらに京都風を取り入れた独自の文化である大内文化を創始した。

天文19年(1550年)には山口に来たフランシスコ・ザビエルとも面会したが、男色を罪とするキリスト教の教えに義隆が激怒したためにザビエルとの関係は途絶えることとなった。

天文19年(1550年)には陶・内藤らが謀反を起こすという情報が流れ、義隆は一時、大内軍を率いて館に立て籠もったという。このときの反乱は風評に終わる。側近の冷泉隆豊は陶討伐を諫言したが、義隆はこれを受け入れなかった。

大寧寺の変 Edit

詳細は「大寧寺の変」を参照

しかし険悪な関係であった武断派の陶隆房(周防国守護代)は天文20年(1551年)8月末、謀反の兵を挙げた。重臣の内藤興盛(長門国守護代)も黙認し、義隆を救援することはなかった。

義隆は親族である津和野の吉見正頼を頼ろうとしたが、暴風雨のために逃れることができず、長門深川の大寧寺に逃亡し、そこに立て籠もった。このとき、義隆に従った重臣・冷泉隆豊の奮戦ぶりは目覚しかったが、多勢に無勢であり、義隆は隆豊の介錯で自害した。享年45。辞世は「討つ者も 討たるる者も 諸ともに 如露亦如電 応作如是観」と伝わる。

義隆の実子の大内義尊も、9月2日に陶軍の手によって殺害された。義隆・義尊の死により事実上、周防大内氏は滅亡した。なお、この時、周防に滞在していた太政大臣三条公頼をはじめとする多くの公家たちもこの謀反に巻き込まれ、殺害された。また、義隆の死を以って日明勘合貿易が断絶した。

官歴 Edit

※日付=旧暦

人物・逸話 Edit

  • 大内氏は家督継承の度に内乱が発生していたが、義隆相続のときは数少ない例外である。父・義興の力もあるが、歴代で義隆の政権初期が最も安定していたことも伺える。しかし、彼が自力で勝ち取って相続したわけではなかったことも文弱に溺れた遠因になったともいえよう。
  • 義隆は文化的関心が強く、文治主義的な戦国大名として知られている。三条西実隆などの文化人とも交流し、和歌連歌芸能など公家文化への関心を示す。また、朝廷への進物を行って官職を望み、束帯姿で牛車に乗るなど貴族趣味を持っていたと言われる。学問においても古道を好む事や花押の形式などから、復古主義的な性格を持った人物であったと考えられている。しかしそれは大内氏歴代に見られる傾向であり、またこの時代の山口は西の京として繁栄の極みを迎えた。
  • 政策においても保守的で、奢侈禁止令や段銭徴収に関する法令を発布する。寺社の復興に寄進し、大宰大弐となると大府宣を布告した。さらに義隆とその家臣団の官位も他の戦国大名のような自称官位ではなく、朝廷に奏請して賜っている本当の官位である。このように、復古的な政治が多く見られる。
  • 中国の李氏朝鮮と交易を行い、大内氏は管領家の細川氏と抗争して日明貿易(勘合貿易)を独占する。朝鮮からは『大蔵経』などを典籍を輸入し独自に大内版を出版する。義隆は山口を京都のような条坊制都市に整え、城郭は構えずに大内館を居所とした。キリスト教宣教師で来日していたイエズス会士 フランシスコ・ザビエルを招いて山口における布教を許可するなど、野心に富み、開明的な人物であった。義隆が冴えを失ったのは武断派である陶隆房らが強行した尼子攻めの敗北が原因でもあるとされている。
  • 隆房との対立の原因は、文治・武断の対立のほかに、陶氏がかつて横領した東大寺の旧領を返還しようとしたからだともされている。ここにも義隆の復古的な行動が見られる。
  • 文弱的傾向に溺れたことから暗愚な武将とされることが多いが、実は文治派を形成することで大名自身と近臣からなる家臣団による大名権力の強化を図るなどしている。このため、政治的権力は強化されたが、軍事面を守護代や豪族に一任していたため、逆に守護代の独立性を強化することにもつながってしまった。
  • 義隆は非常に衆道を好み、ザビエルに衆道を激しく非難される発言を受け激怒したという話がある。また正室貞子との離婚の原因の一因は、衆道を好む余り貞子を全く顧みなかったことであるとされる。
  • 義隆が陶隆房を寵愛していた頃、馬で五時間もかけて会いに行ったが、隆房が深く眠っていたために和歌を残し帰還したという話がある。この二人の衆道関係のもつれが後の隆房の反乱の原因になったという説もある。
  • 陰徳太平記などには「又四郎隆景は、容姿甚だ美なりしかば、義隆卿 男色の寵愛浅からずして」との一文に小早川隆景が義隆と深い衆道関係にあったことが記されており、また隆景・陶隆房の他にも毛利隆元、陶義清、相良武任冷泉隆豊、清ノ四郎、安富源内などが義隆の寵愛を受けた人物とされる。中でも極めて美貌であった隆景は前述の通り義隆に深く愛され、また冷泉隆豊や相良武任の寵愛は隆房の反乱の原因となったという説がある。
  • 存命中は周辺国武士には畏怖されていたが、箱崎宮を再建したり厳島神社宇佐神宮など多くの寺社を手厚く保護したことから僧侶の評判は高かった。文化人、公家にも「末世道者」と称えられていた。
  • 当時博多祇園山笠の舁き山は12本あったが、義隆が山口の祇園会に6本を分けた為に、博多山笠の舁き山が6本になった[1]

家系 Edit

義隆の偏諱を受けた人物 Edit


その他、中国地方、九州地方の武家の当主の多くが義隆の偏諱を受けており、義隆時代の大内家の隆盛を象徴している。

脚注 Edit

  1. 福岡市の文化財(福岡市HP)

参考文献 Edit

関連項目 Edit

小説
TVドラマ

Formula:先代次代


en:Ōuchi Yoshitaka it:Ōuchi Yoshitaka ko:오우치 요시타카 zh:大內義隆


Includes CC-BY-SA content from Wikipedia's 大内義隆 article (authors)